相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

許可前納付と延納

許可前納付と延納

金銭によって一括で相続税を納付することが困難であると認められた場合、税務署に手続きをして延納と呼ばれる方法で相続税を納税することができます。

延納とは、ローンのようなもので、相続税の総額が一定の金額を超えていることや、納税義務者が金銭による一括納付が困難であると認められた場合などに、利子を加算して分割で相続税を納付させることを言います。

延納によって相続税を納税することには審査があり、誰でもこの方法を取れるというわけではありません。

この方法で納税することを申請した後、税務署からの許可が下りて初めて延納によって納税することが決定します。

しかし、この許可が下りる前に割賦相当分の納税があった場合、つまり許可前納付があった場合ですが、この場合には、延納の許可が下りたあと、その許可前納付額を総額に含めて納税することが許可されます。

また、その場合にはその許可前納付額にも利子が加算されますので注意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初の相続税申告で不安一杯でしたが、お陰様で完遂できました。 若い福留さんに気軽に相談できたので、思ったより簡単に終えられた気がします。安心してお任せできたという事ですかね。また機会?があれば是非お世話になりたく思います。

遠方のため出向けない不安感がありましたが、メールのやりとりも早く安心感がありました。 初めてのことで細かい質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございました。

面談・打合せは当初だけで、以後電話と郵便物のやりとりで、 スムーズに進められ、面談・打合せの負担もなく、成果品をまとめて頂いた。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る