相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税申告しないとどうなるか

相続税申告しないとどうなるか

相続税法において、相続を行った際には相続税の申請を行うことが義務付けられています。

相続の発生した日、つまり被相続人が死亡した日から10カ月以内に、税務署に宛てて相続税の申告書を提出しなければならないと言うことが定められています。

それでは、相続税の申告をしないとどうなるのでしょうか。定められた期限を過ぎても相続税の申告を行わなかった場合、税務署が相続税の金額を決定して通知を行います。

その決定通知があってから納税することになると、無申告加算税と言うものが加算されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

こちらの対応が遅いにもかかわらず、最後まで無事に申告を完了していただきました。 途中、コミュニケーションが不足し、状況が分からないときもありました。 連絡をすると丁寧に説明していただき安心しました。

安心感の一言に尽きます。

年齢を重ねている為、銀行通帳の入出金を調べるのが大変でした。(最終的には死亡時の残高にて税務署へ申告) 10か月間、大変お世話様になりました。有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る