相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税の税務調査

相続税の税務調査

相続税の申告を終えると、一定期間後には税務署が税務調査を行います。

一般的に、相続税を実際に納税しなければならないのは、大きな金額の財産を相続した人ばかりで、一般家庭などでは相続する財産の額もそこまで大きくないため、相続税の支払いはありません。

相続税の申告を終えると、1年から2年ほどで税務署が税務調査を行います。これは、相続税の申告が正確に行われているかを調査し、もしも間違っている部分などがあれば(ふつうは相続税の申告の際、税額を過少に申告していた場合に限りますが)追徴課税を行います。

相続税の個人申告者の中で税務調査を受けるのは、全体のおよそ30%ほどであると言われています。

税務調査の対象となるのは、多くは事業を行っていて巨額の財産を相続した場合ですので、個人で税務調査を受けると言うのはかなりまれなケースとなります。

相続税の税務調査では、90%という高い割合で問題が発見されていますので、税務調査をされても困らないように、相続税の申告の際に専門家に手助けを依頼するのが良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

全体的に、ていねいに説明を受けたので満足している

・星野様の人柄が良く、相談しやすかった。 ・相続後の不動産の売却等のアドバイスを頂き、不動産部門の㈱チェスターを紹介いただき、現在進行中です。

丁寧かつスムース。説明はクリアで、サービス範囲も合理的な選択を進めていただいた。必ずしもオフィスに伺わずとも手続きが進められたことも助かった。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る