相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

障害者が相続する場合

障害者が相続する場合

相続人のなかに障害者がいる場合、通常の成人が相続する際とは少し仕組みが異なってきます。

障害の程度にもよりますが、障害者の中には自分の意思で財産分割協議を行うことができない人もいますので、その代わりに代理人をたてることも必要になってくることがあります。

また、障害者が相続を行う場合には、相続税も控除されることが相続税法において定められています。障害の程度に応じて、相続税が軽減される措置があります。

この対象となるには、一定の規定を満たしている必要があります。日本国内に住所がある、障害者手帳を持っている、などの条件を満たしていなければなりません。

障害者の生活にかかる負担を考慮して、相続税の一部が軽減されます。障害者はその障害の程度に応じ、一般障害者と特別障害者とに分けられています。

一般障害者は6万円×85歳になるまでの年数分の金額が控除され、特別障害者の場合だと12万円×85歳までの年数の額が控除されます。それを超えた分は、その障害者の扶養義務者の相続税から軽減することも可能です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

安心してお任せすることが出来、滞りなく終えることが出来ました。感謝致しております。又、今後も相談事など、御指導頂きたく思っております。

申告にあたっては、こんなに細かい点まで調べなければならないのかと、逆に関心させられました。 税務調査に来る可能性が少ないという事も納得です。いろいろと有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る