相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

障害者が相続する場合

障害者が相続する場合

相続人のなかに障害者がいる場合、通常の成人が相続する際とは少し仕組みが異なってきます。

障害の程度にもよりますが、障害者の中には自分の意思で財産分割協議を行うことができない人もいますので、その代わりに代理人をたてることも必要になってくることがあります。

また、障害者が相続を行う場合には、相続税も控除されることが相続税法において定められています。障害の程度に応じて、相続税が軽減される措置があります。

この対象となるには、一定の規定を満たしている必要があります。日本国内に住所がある、障害者手帳を持っている、などの条件を満たしていなければなりません。

障害者の生活にかかる負担を考慮して、相続税の一部が軽減されます。障害者はその障害の程度に応じ、一般障害者と特別障害者とに分けられています。

一般障害者は6万円×85歳になるまでの年数分の金額が控除され、特別障害者の場合だと12万円×85歳までの年数の額が控除されます。それを超えた分は、その障害者の扶養義務者の相続税から軽減することも可能です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧かつスムース。説明はクリアで、サービス範囲も合理的な選択を進めていただいた。必ずしもオフィスに伺わずとも手続きが進められたことも助かった。

最初にHPで見つけて、電話した時に応対して下さった女性がとても親切でやさしかったので、チェスターにおまかせしようと決めました。 相続税の手続きをするという事は、その前に家族が亡くなった訳で、その前には長い闘病、看病生活があり、頼む人はとても疲れている […]

・8月頃、どこへ申告業務を頼めばよいか焦っていたが、初回の相談日程を早めに設定してくれたのが頼りになった。 ・資料準備ガイドを用いて、今回の私のケースに必要な箇所、不要な箇所を赤ペンで明記してくれたので、判り易かった。 ・ある銀行から入手の投信の記載 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る