年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の異議申立書について

相続税の異議申立書について

相続税の異議申立書について

異議申し立てというのは、相続税の税務調査が行われた際に、その調査結果に対して、不服があった場合、その判断や処分を下した税務署長などに対して、不服を申し立てることをいいます。

このときに提出するのが「意義申立書」です。これは、調査結果を受けた日の翌日から2か月以内に提出することになっています。

税務署長などは、異議申立書を受け取ったら、その判断が正当であったのかどうかを再度調査、審理して、納税者に通知します(異議決定書謄本を送付)。

しかし、この通知がなお受け入れられない場合、国税不服審判所長に審理結果が不服として、申し立てができます。これを審査請求といいますが、このときの審査請求書は、異議決定書謄本が送られた日の翌日から1か月以内に提出することになっています。

国税不服審判所長は、この審査請求書を受け取ったら、再度その判断内容について正しいかどうかを調査したり審理し、最終的に採決書謄本というかたちで審理結果が通知されます。

関連性が高い記事

相続税の時効・ペナルティ

相続税の時効・ペナルティ  相続税の申告期限の10カ月というのはあっという間にやって来ます。間に合わないと延滞税、無申告加算税、悪質な場合には40%という高率の重加算税というペナルティが科されることもあります。 相続税の時効とは、相続が発生してから5 […]

相続税のKSKシステムとは

相続税のKSKシステムとは KSKシステムとは、KOKUZEI SOUGOU KANRI(国税総合管理)システムの略称であり、全国の国税局や税務署をネットワークで結び、納税者の申告に関する全情報を一元的に管理するコンピュータシステムをいいます。平成1 […]

税務調査とは

税務調査とは、申告後に申告漏れがないかどうかを税務署が調べることです。税務調査の行われる時期は、一般的に申告した年または翌年の秋が多いです。そして、この税務調査によって申告漏れが見つかる割合は、8割~9割以上にもなるのです。そして申告漏れによる税額は […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る