相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の時効は5年?6年?7年?

1. 相続税の時効とは

時効とは、ある事実状態が一定期間継続した場合においてその権利の取得、喪失という効果を認める法律上の制度をいいます。

噛み砕いて説明すると、
お金を貸して特に返済もなく、
連絡もなく、
貸した方からも返済請求もせず、
10年間経過してしまった場合には、お金を返してもらえる権利が消滅してしまいます。
これが「時効」です。

お金を貸している人も返してもらえるという権利の上にあぐらをかいて返済してもらう努力をしなければ、法律上保護しませんよ、というのが時効の趣旨となります。

ちなみに、時効には「中断」という考え方があり、時効の期間に催告した場合や借りている人が借金を認めた場合などは、時効が「中断」します。「中断」というと時効がストップすると考えてしまいがちですが、法律上、「中断」はリセットされると考えます。

すなわち、10年の時効で7年目に時効が中断した場合、次の時効がカウントされる場合には、時効まで後3年と考えるのではなく、そこからまた10年でカウントします。

2. 税金にも時効はあるの?

税金についても時効はあります。

ちょっと専門的になってしまいますが、正確には時効ではなく除斥期間といいます。

除斥期間も考え方は時効と同じで、税務署が税金の申告期限から一定期間、納税者に税金の請求をしなければ、納税者は納税する義務を免れるというものです。

なお、時効と除斥期間の大きな違いは、除斥期間には上記1で説明した「中断」がないことです。

税金の除斥期間は、国税通則法という法律に定められていて原則5年になります。
すなわち、5年間、税務署から何も言われなければ税金を払わなくてもよいのです。

3. 相続税の除斥期間は?

相続税の除斥期間も原則5年となります。

いつから5年かというと、法定申告期限から5年です。相続税の法定申告期限は亡くなった日から10ヶ月なので、相続税は、被相続人が亡くなった日から5年10ヶ月経過すると納める義務がなくなります。

なお、全ての相続税案件の除籍期間が5年というわけではありません。
相続税の申告義務があることを知っていて故意に無申告だった悪質なケースの場合、相続税の除斥期間は7年となりますので注意が必要です。

ちなみに、相続税と深い関わりをもつ贈与税の除斥期間は5年ではなく、6年となります。
なお、贈与税についても故意で無申告だった悪質な場合には6年でなく7年となりますので注意して下さい。
また、贈与税の場合には、そもそも贈与が成立していないと6年や7年という期間は関係ありません。

例えば、祖父が10年前に孫名義の預金を作ったが、孫がその預金の存在を知らなかった場合には贈与が成立していませんので、そもそも贈与税の納税義務もありません。

その孫名義の預金は祖父の財産となるわけです。
10年経っているから贈与税の除斥期間が過ぎて税金を納めずに済んでラッキー、とはなりませんのでご注意を!

相続税の時効は5年?6年?7年?

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

電話対応で不明な点を親切に教えて頂いて有り難うございました。 前回も依頼して、不動産関係の書類等、貴社に保管されていた為この点すごく助かりました。 子供には、私に万が一の事があった場合貴社に依頼するように言っています。

無料相談で伺った時から丁寧な対応で疑問点にも即座に的確にお答えいただきましたので、 他社も訪問していたのですが、貴社にお願いすることにしました。 その後も、わかりやすい説明と、随時、どのような状況かメールで連絡をいただきましたので安心してお任せでき、 […]

1)丁寧にお話、説明をして頂きました。 2)膨大で煩雑な書類に細かく目を通されたことがよくわかります。 3)調査の結果手数料があがっても仕方ない状態と思っておりました。  

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る