相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

孫を養子にする「相続税節税対策」の今。法律上もう出来ない?

孫養子と2割加算

相続税の非課税限度枠は、5000万円+1000万円×法定相続人の人数によって算出されますので、法定相続人が多ければ多いほど基礎控除の額が増え、支払う相続税も減ると思われがちです。

しかし法定相続人を増やすために生前に養子縁組を行った場合はどうなるのでしょうか。

節税対策としてそのような養子縁組が横行したため、今は養子の数を相続税の計算上、実子がある場合には1人、実子のない場合には2人に制限しています。

孫を養子にした場合、孫養子にもその財産を相続させることで将来子供にかかるであろう相続税を減らすことができます。

しかし2003年の税制改正で、孫養子も実子が存命中に養子縁組をした場合には税法上2割加算の対象となりました。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

誠実なご対応大変感謝しております。 ご説明も丁寧でわかりやすく色々アドバイス頂き、ありがとうございました。 お忙しい中、私達の無理な依頼も聞いて下さり、 スムーズに打合わせをすることができました。 長い期間本当にありがとうございました。

ドイツでの相続案件で、多々ドイツ語の書類がありましたが、正確かつ丁寧に対応頂き、 非常に満足しています。

大変分かりやすい丁寧な対応、説明をしていただき、 また、提出書類の記入、押印箇所も分かりやすくしていただき、大変助かりました。お世話になりました。 また機会がございましたら貴社へお願いしたいと思います。 どうもありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る