相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

孫を養子にする「相続税節税対策」の今。法律上もう出来ない?

孫養子と2割加算

相続税の非課税限度枠は、5000万円+1000万円×法定相続人の人数によって算出されますので、法定相続人が多ければ多いほど基礎控除の額が増え、支払う相続税も減ると思われがちです。

しかし法定相続人を増やすために生前に養子縁組を行った場合はどうなるのでしょうか。

節税対策としてそのような養子縁組が横行したため、今は養子の数を相続税の計算上、実子がある場合には1人、実子のない場合には2人に制限しています。

孫を養子にした場合、孫養子にもその財産を相続させることで将来子供にかかるであろう相続税を減らすことができます。

しかし2003年の税制改正で、孫養子も実子が存命中に養子縁組をした場合には税法上2割加算の対象となりました。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回面談の時、ここなら安心と思いました。 とても誠実な印象でした。 実際、丁寧な対応で滞りなく終える事が出来ました。 本当に感謝致しております。ありがとうございました。 今後も何かありましたら、ご相談させて頂きたいと思います。 よろしくお願い致します […]

当初の相談から申告書の提出まで終始安心してお任せすることが出来ました。 ありがとうございました。

こちらの準備遅れのため、短納期での申告書類作成お願いとなってしまいましたが、迅速にご対応頂き、大変助かりました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る