相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄した場合の葬式費用の控除

相続放棄した場合の葬式費用の控除

被相続人が死亡した場合通常、相続人はそのプラスの財産もマイナスの財産も相続することになります。

通常プラスの財産、遺産よりマイナスの財産、例えば銀行からの借入金、未払い金、クレジットのローン、税金の未払い分が上回った場合、多くの相続人は相続放棄の手続きを取ることになるでしょう。

相続放棄の手続きは、被相続人の財産取得を放棄する旨を3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しなければなりません。申請しない限り相続放棄にはならないので注意が必要です。

被相続人の葬式費用について、相続を放棄しなければその葬儀代、納骨代、お布施などを控除されることになっていますが、相続放棄をした場合の葬式費用はどうなるのでしょうか。

葬式代金は通常香典で賄われ、足りない場合被相続人の財産から支払われます。まず香典でどうにか賄えないか検討すべきですが、どうしても足りない場合は被相続人の身分に応じた、当然執り行なわれるべき範囲の葬式費用は被相続人の預貯金などから支払っても構わないことになっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

私の素人質問にもわかりやすく、ていねいにご回答を頂きながら、申告準備を進める事ができました。漏れのない申告が出来た事を感謝致しております。

態度、言葉遣いが丁寧でした。

この度は父母からの相続におきまして大変お世話になりありがとうございました。相続には不動産、金融関係他多様な分野が関係するため当初は誰に相談すれば良いかも判らず途方にくれましたが、インターネットで御社を知り初回の(無料)面談をお願いしました。この面談で […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る