相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税の反面調査

相続税の反面調査

相続税の反面調査

税務調査の一環として、申告書の内容や提出資料に不明な点がある場合、銀行、取引先企業、証券会社、生命保険会社や関係金融機関へ確認作業を行うことがあります。

これを反面調査と呼びます。反面調査により金融機関からの信用を失うことになりかねませんので注意が必要です。

金融機関の守秘義務の観点から、反面調査を行なうのは納税者の同意を得ている場合、資料の紛失などで納税者の税務調査だけで内容が確認できなかったり、別の方法では事実を証明をできないような場合に必要な範囲内に限って行なわれるとされます。

相続税の税務調査は、件数自体はさほど多くないといえますが、税務調査で約90%が申告漏れを指摘されます。

事前の反面調査で一定額以上の金銭の移動があると確認された場合、反面調査の結果と申告書の内容に相違がある場合などに税務調査は行なわれますので、まず反面調査をされなくても済むように申告書の内容を充実させる必要があります。

 

相続専門税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る