相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税と相続放棄

相続税と相続放棄

相続税と相続放棄

相続放棄とは、被相続人が債務超過に陥っておりその債務を引き継ぎたくない場合、被相続人が資産家であり相続争いに巻き込まれたくない場合などに選択することになるでしょう。

相続放棄するためには相続放棄申述書を家庭裁判所に相続開始日から3ヶ月以内に提出し、認められなければなりません。相続放棄をしたことで、負債などのマイナスの財産だけではなく、預貯金や不動産といったプラスの財産もすべて相続する権利を失います。

相続税の控除額は5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出されます。

控除額を算出する上で法定相続人の数が重要になってくるわけですが、相続人の中で相続放棄をした人がいた場合でも法定相続人の数として数えられ、法定相続人全員が相続をすると仮定されて相続税控除額は算出されます。

相続税の総額は法定相続人が相続放棄をしても変動がないということです。

また、実際の相続では相続放棄すると元々相続人ではなかったとみなされ、代襲相続は行なわれませんので、その子供や孫に相続が回ってくることはありません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

とても丁寧に対応していただきました。 わからないことも何度も電話で教えていただき、安心してお任せすることができました。

色々と、相談にのって頂き、助かりました。今後とも宜しくお願いします。

お陰様でスムーズに相続税の申告が完了しました。御社にお願いして良かったです。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る