年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続人が脅迫して書かせた遺言

相続人が脅迫して書かせた遺言

相続人が脅迫して書かせた遺言

法定相続人であっても、相続欠格であると認められた場合にはその相続権を失います。

欠格とされる行為は、被相続人やその上位相続人を殺害しようとしたり、殺害して罪に問われている、殺害された事実を知りながらも告訴しなかった、脅迫して遺言を書かせたり変更させたりした、遺言を脅迫して書かせなかった、偽の遺言書を作成した、遺言書を破棄した、などがあげられます。

遺言が残っていて、それがある相続人が脅迫して書かせたものだとの疑いがある場合、他の相続人が遺言無効確認の訴訟を起こすことが出来ます。

脅迫で書かされた遺言であると認められた場合、書かせた相続人が相続の権利を失うだけでなく、その遺言書自体も無効になります。

しかし遺言書が脅迫されて書かされたものであっても、筆跡が本人のもので、脅迫されて書かされたという物的証拠がない限り立証は難しいのが現状です。

訴訟で勝てなかった場合、遺言は有効なものになってしまいます。

この遺言書を無効にするには、日付がそれよりも新しい別の遺言を作成し、公正証書遺言にするのが一番効果的です。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

遺言と異なる遺産分割の可否

遺言と異なる遺産分割の可否 「遺言」には絶対的な効力があります。 ただし、実際には遺言とは異なった形での遺産分割も行われています。 相続人全員の合意があれば遺言に反する遺産分割協議も有効に成立します。 民法は、原則として、被相続人と一定の親族関係にあ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る