年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税とは

相続税とは

相続税とは

相続に関する税金で主たるものは相続税です。

相続税とは、ある人が亡くなり、その人の財産を引き継ぎ取得したり、遺贈によって引き継いだ場合に生じる税金のことです。

亡くなった人を被相続人と呼び、配偶者や子供など、被相続人の財産を継承した人を相続人と呼びます。

相続税は相続が開始した日から10ヶ月以内に申告をしなければなりません。5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出された金額は基礎控除となり、控除額が大きいので一般サラリーマン家庭で相続税が課税されることはあまりありません。

被相続人の遺産総額からこの控除分を差し引き、残った価額を遺産分配の割合にしたがって相続人それぞれに割り当てます。

そして相続人それぞれに加算(配偶者、子供、父母以外の相続人には2割加算)、控除(相続時精算課税制度など)があり、最終的に相続人一人一人の納税額が決定します。法定相続人が相続放棄した場合でも相続税の計算上はそのまま相続したと仮定されて計算されます。

また、意図的に法定相続人を増やせないように、相続税計算上は養子の数は実子がいる場合は1人まで、いない場合は2人までと決められています。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

遺産取得税方式とは

遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る