相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

たとえば、親戚が亡くなっていたことを知らずに年月が経過し、自分が相続人となっていたことを知った時にはその方が最終的にどこにいたのかがわからなくなってしまうことがあります。

住所がわからないと、色々な手続きが進まなくなってしまいます。

ではこうした場合には、どこに問い合わせれば亡くなった方の住所がわかるのでしょうか。

人が亡くなると、住所地の市町村役場に死亡届が出されるのですが、これに本籍地、住所、医師による死亡原因の診断などが記載されています。

死亡届が提出されると、戸籍が抹消されてしまい、一定期間の保管期間が経過すると戸籍や住民票は探せなくなってしまいます。

ですが、死亡届については、本籍地を管轄する地方法務局が保管していますので、この地方法務局に問い合わせるのが一つの方法です。

もしくは、除籍謄本を確認する方法があります。

除籍謄本は150年間保管されることになっていますから、こちらを取得すれば住所も記載されています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

ご親切なご説明と丁寧な応対に感謝しております。

今回ネットで探し、貴社にお願い致しました。税理士というと、イメージ的に堅く威圧感があって話しづらいかなと思いましたが、お会いするととても気さくで、私の質問にも丁寧に教えていただいて、イメージが変わりました。初回の時に持っていった資料で、おおよその相続 […]

何も分からず、不安でいっぱいでしたが、担当の岩本さんが、 とても親身になって、対応してくれたので、安心しておまかせする事ができました。 無事に全て終わり、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る