相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

たとえば、親戚が亡くなっていたことを知らずに年月が経過し、自分が相続人となっていたことを知った時にはその方が最終的にどこにいたのかがわからなくなってしまうことがあります。

住所がわからないと、色々な手続きが進まなくなってしまいます。

ではこうした場合には、どこに問い合わせれば亡くなった方の住所がわかるのでしょうか。

人が亡くなると、住所地の市町村役場に死亡届が出されるのですが、これに本籍地、住所、医師による死亡原因の診断などが記載されています。

死亡届が提出されると、戸籍が抹消されてしまい、一定期間の保管期間が経過すると戸籍や住民票は探せなくなってしまいます。

ですが、死亡届については、本籍地を管轄する地方法務局が保管していますので、この地方法務局に問い合わせるのが一つの方法です。

もしくは、除籍謄本を確認する方法があります。

除籍謄本は150年間保管されることになっていますから、こちらを取得すれば住所も記載されています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る