年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

被相続人の住所が不明の場合の相続手続き

たとえば、親戚が亡くなっていたことを知らずに年月が経過し、自分が相続人となっていたことを知った時にはその方が最終的にどこにいたのかがわからなくなってしまうことがあります。

住所がわからないと、色々な手続きが進まなくなってしまいます。

ではこうした場合には、どこに問い合わせれば亡くなった方の住所がわかるのでしょうか。

人が亡くなると、住所地の市町村役場に死亡届が出されるのですが、これに本籍地、住所、医師による死亡原因の診断などが記載されています。

死亡届が提出されると、戸籍が抹消されてしまい、一定期間の保管期間が経過すると戸籍や住民票は探せなくなってしまいます。

ですが、死亡届については、本籍地を管轄する地方法務局が保管していますので、この地方法務局に問い合わせるのが一つの方法です。

もしくは、除籍謄本を確認する方法があります。

除籍謄本は150年間保管されることになっていますから、こちらを取得すれば住所も記載されています。

関連性が高い記事

相続税申告に必要な資料収集方法

<身分関係> 被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本等 相続税申告書の添付書類として、又相続財産の名義変更の際に必ず必要となります。 転籍や婚姻などをされている場合、転籍前や婚姻前の本籍地所在地の市区町村で、除籍謄本や改製品原戸籍を取得しなけれ […]

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き

前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る