年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

お墓は相続人以外でも相続できる!?しかも、相続税の課税対象ではない

お墓は相続人以外でも相続できる!?しかも、相続税の課税対象ではない

1.お墓は誰が相続するのが一般的!?

お墓は、「祭祀財産」といって、相続財産とは区別されています。

では、お墓の相続はどうするのが一般的なのでしょうか。

民法では、お墓を使用していた人が、生前に遺言などで「祭祀の継承者」として指名した人が受け継ぐことになっています。

お墓は相続財産ではありませんから、必ずしも遺産の相続人や親族でなくても構いませんし、友人などでもよいことになっています。

祭祀の継承者が指定されていない場合は、慣習に従って相続する人を決めます。

現在でも長男、長子が相続することが多いですから、制度的な長子相続が無くなったとはいっても、やはり長子が相続することになる傾向があります。

継承者の指定もなく、さらに慣習でも相続する人を決めることができない場合は、最終的には家庭裁判所が決定することになります。

しかし、実際は家庭裁判所が関与するまで決まらないことは少なく、親族が話し合って決めることが多いようです。

2.お墓を相続すると、管理費等の費用負担義務が生じます

なお、お墓を相続すると、相続税などは一切かかりませんが、お墓の供養をしたり、管理費があればそれを負担する義務を負うことになります。

ただ、その費用負担を理由に、遺産を多く取得したいと主張する相続人もいるようですが、法律的にはそういったことは規程されていません。

3.お墓には相続税がかかりません

また、良く言われるのが、生前にお墓を購入すると、購入したお墓は相続税の課税対象財産から省かれることとなりますので節税につながる可能性があります。

例えば、100万円のお墓を生前に購入すると、税率が仮に30%の方ですと、30万円の節税に繋がります。

死後に購入していたら、相続税を支払った後の100万円から支出しなければいけませんが、生前に購入していたら、支払った100万円はそのまま相続税の課税対象にはならないからです。

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る