相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続関係書類に署名できない相続人がいる場合

相続関係書類に署名できない相続人がいる場合

相続関係書類に署名できない相続人がいる場合

相続関係書類には署名捺印が必要なものがほとんどです。

この署名捺印は、必ず本人によるものでなければなりません。

もし、相続関係書類に署名できない相続人がいる場合、例えば、仕事などでどうしても時間の都合がつかないような場合でしたら、人に持ってきてもらったり、どうにかして都合をつけたり、親族や相続人同士で協力してください。

どうしても間に合わなければ、書類によっては後日提出できるものもあります。

いずれにしても、他の親族が代わって署名捺印をすることはできません。

障害などにより意思表示できないなどの理由で署名ができない相続人がいる場合には、そのままでは相続関係書類を作成することができませんから、家庭裁判所に成年後見人選任の申し立てをして、成年後見人を選任してもらいます。

遺産分割協議などの際には、相続人全員の同意が必要になりますから、相続人に成年後見人を交えて協議を行い、署名捺印をすることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

色々とご面倒ありがとうございました。 また何かの機会にお願いするかもしれません…その際にはよろしくお願い申し上げます。

とても誠実に対応して戴き感謝しております。 他社と比べ低料金なのにでき上がったファイルの素晴らしさに驚きました。さすがに相続を専門になさってるだけのことはあると思います。 チェスターさんにお任せして本当によかったです。ありがとうございました。

初めての相続手続をおまかせして、私達のつたない質問に丁寧にお答え頂き感謝して居ります。 相続税申告書の書類を各人に頂きまして有難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る