相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

庭園設備の相続税評価

庭園設備の相続税評価

家屋を相続する際には、その家屋の評価額に相続税が課税されます。

この家屋には、不動産登記法の規定で建物として取り扱われていて、かつ家屋として評価されているもの以外にも、電気設備や給排水設備なども家屋としての評価に含まれています。

しかし、庭園設備には別途規定があり、庭木、庭石、東屋、池などの価額は家屋とは別に計算します。

財産評価基本通達92(3)
庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等をいう。)の価額は、その庭園設備の調達価額(課税時期においてその財産をその財産の現況により取得する場合の価額をいう。以下同じ。)の100分の70に相当する価額によって評価する。

庭園設備の評価額は、調達価額の70パーセントに相当する価額となります。

調達価額とは、課税時点でのその財産を現状で取得する場合の評価額です。

例えば、庭木の場合ですと、植木屋さんで売っている庭木の金額で評価するのではなく、課税時点の状態にまでするための運送費用や植林手数料等も含めた金額で評価します。

つまり、現状の庭園をもう一度作り上げた時にかかる費用の70パーセント相当額で評価をするということになります。

庭園設備の調達価格を調査する場合には、造園業者等の専門業者に依頼して、その庭園設備の購入費用、運搬費用、植林手数料等をヒアリングしなければなりません。

しかし、この評価規定の対象となる庭園設備とは、京都や奈良にある有名庭園のような大規模で客観的価値を有するものを評価の対象としているという解釈が一般的です。

そのため、一般の家庭の庭の設備を評価対象として扱うことは、実務上ではごく稀なケースとなります。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続には、長年苦労してきましたが、今回初めて頼れる税理士さんに出会えました。 「チェスター相続クラブ」も前回の相続(他社ですが・・・)で大変役立ちました。

相続税についての知識もなく、期限も(納税の)1ヵ月もなかったのでバタバタでしたが わかりやすい説明だったのでとても安心できました。 今日、ファイルが届き、保存するにもあとから確認するにも明確に作っていただきとても助かります。 ありがとうございました。

家の場合相続人が3名だけですが、ファイルに色分けした付せんで分かりやすく 面談の説明も懇切丁寧で充分理解出来評判通り難関の税務署も1度でパス出来ました。 チェスターの倉田先生には、感謝しております。お人柄も好感がもてます。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る