相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

庭園設備の相続税評価

庭園設備の相続税評価

家屋を相続する際には、その家屋の評価額に相続税が課税されます。

この家屋には、不動産登記法の規定で建物として取り扱われていて、かつ家屋として評価されているもの以外にも、電気設備や給排水設備なども家屋としての評価に含まれています。

しかし、庭園設備には別途規定があり、庭木、庭石、東屋、池などの価額は家屋とは別に計算します。

財産評価基本通達92(3)
庭園設備(庭木、庭石、あずまや、庭池等をいう。)の価額は、その庭園設備の調達価額(課税時期においてその財産をその財産の現況により取得する場合の価額をいう。以下同じ。)の100分の70に相当する価額によって評価する。

庭園設備の評価額は、調達価額の70パーセントに相当する価額となります。

調達価額とは、課税時点でのその財産を現状で取得する場合の評価額です。

例えば、庭木の場合ですと、植木屋さんで売っている庭木の金額で評価するのではなく、課税時点の状態にまでするための運送費用や植林手数料等も含めた金額で評価します。

つまり、現状の庭園をもう一度作り上げた時にかかる費用の70パーセント相当額で評価をするということになります。

庭園設備の調達価格を調査する場合には、造園業者等の専門業者に依頼して、その庭園設備の購入費用、運搬費用、植林手数料等をヒアリングしなければなりません。

しかし、この評価規定の対象となる庭園設備とは、京都や奈良にある有名庭園のような大規模で客観的価値を有するものを評価の対象としているという解釈が一般的です。

そのため、一般の家庭の庭の設備を評価対象として扱うことは、実務上ではごく稀なケースとなります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る