相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

兄弟の相続の注意点

戸籍調査は二世代分必要!?

被相続人の遺産相続人が兄弟姉妹の場合、その手続きにおける注意点を御紹介します。

相続人が兄弟によるのは、法定相続人確定の順番で第三番目になっています。第一番目は被相続人の子供です。

第二番目は直系の尊属です。子供(孫)、直系の尊属も死亡しいない場合に、被相続人の兄弟姉妹が法定相続人となります。

相続人が兄弟姉妹による場合の最初の注意点として、戸籍取りです。兄弟姉妹が相続人になるということですから、被相続人には子供がおらず、また、被相続人の父母や祖父母もいないということです。

ですから、相続人調査の際には被相続人の出生近くまでの戸籍をたどるだけではなく、その父母の出生近くまでの戸籍をたどらなければいけません。

そうしてやっと相続人である兄弟姉妹を確定できます。

二世代分の戸籍調査とその相続関係図の量は想像よりもはるかに多くそれだけでも十分な注意漏れのないように注意が必要ですが、その上被相続人が四人、五人兄弟などの場合はゴールの遙かに遠い作業となってきます。

戸籍上に半血の兄弟、姉妹が存在しないかどうかということも必ず見落とさず確認をしましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

申告まで時間の無い中、素早く対応していただき、ありがとうございました。

相続税申告をチェスターさんにお任せしましたが、迅速に対応して下さり、終了時には整理されたファイルが送られて来て安心しました。何か税で相談したい時には、またお願いしたいと思いました。

税理士先生プロ2名で対応にあたって下さったこと。 書面添付制度の説明を受けました。ペナルティを課してまでもプロとしての誇りとチェスター品質に感銘しております。 大変、お世話になりました。尾崎さんに宜しくお伝えくださいませ。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る