相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

成年後見人と相続

成年後見人と相続

成年後見人とは、判断能力に欠けるとされる成人を保護し支援してく者のことです。

具体的には、知的障害者で的確な判断ができない成人や認知症になった成人などを保護する立場にあります。

成年後見人は後見人を必要とする本人の財産管理もその職務としています。

ここでは、遺産相続とこの成年後見人がどのようにかかわりを持つか紹介します。

相続が開始した際に、自らが相続人の内の一人で、その他の相続人の中に本人と成年後見人がいる場合はどうすることが良いでしょうか。

本人は的確な判断ができない者ですが、しかしその成年後見人は後見人ではありますがいわゆる他人です。

このような場合特別な場合は別として、法律上で本人と成年後見人は利害が相反するとみなされ、成年後見人は相続人となる本人に対する代理権を持たない者になります。

故に、遺産分割協議などでの協議に参加し意見を述べることはできません。

この場合、後見監督人がいる場合は監督人が、いない場合は家庭裁判所に選任を求めて得られる特別代理人が本人の代理権を持ち遺産分割協議に参加することとなります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親身に対応していただいた。

メールで対応頂いたので質問事項も整理でき、また記録を残すことが出来ました。初歩的な質問にも親切に対応頂き大変満足しております。次回もまた利用させて頂きます。

誠実に分かりやすく説明して頂き、私達(家族)の立場も理解されて、“相続”という初めてで細かい手続き等、勉強になりました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る