相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

条件付き遺贈とは

条件付き遺贈とは

遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。

相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。

この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。

このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。

条件付き遺贈を具体的に説明すると、例えば被相続人が遺言にある特定の不動産を相続人に遺贈する旨書き残す際、その遺贈を実行せしめる相続人に対する条件も一緒に記載する方法です。

例えば、受遺者が何歳までに結婚をすることという内容や受遺者がどこどこの大学に合格することなどです。

この条件をつけての遺贈を条件付き遺贈と言います。

この条件付き遺贈に、もし期限内に受遺者がその条件を成就していなかった場合、該当財産を別の者に遺贈するという内容を記載したものは、停止条件付遺贈と呼ばれます。

この条件付き遺贈とは別に、負担付遺贈と言う遺贈方法もあります。

この負担は何を意味しているかというと、受遺者に母親が死亡するまで面倒を見るという内容や、残されたペットの面倒を見るという内容を条件にすることでその遺贈が成立することを意味します。

しかしこの負担は遺贈された価値範囲でまでの履行で良いとされており、この範囲を超えた場合は履行義務に当てはまりません。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

長津先生、佐藤先生にはとても親身にご対応いただき感謝しております。 また何かありましたら先生のお力をお借りできればと思っております。

大変丁寧な仕事でした。 ありがとうございました。

大変お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る