相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

転借地権の相続税評価

転借地権の相続税評価

転借地権とは、土地の使用権限を転貸により得た場合をいいます。

例えば、A所有の土地についてBが賃借をし、その後、同土地をCがBから賃借した場合には、Cの土地利用権は転借権ということになります。

理論上は再転借、再々転貸と無限に転貸をすることが可能となります。

転借地権の設定方法

転借権を適法に設定するためには、現賃貸人の承諾を得ることが必要となっています(民法第612条・613条)。

賃貸借契約は土地の所有者と賃借人との間の信頼関係を前提とする契約なので、無断で転貸をすることは信頼関係を破壊するものとして契約の解除事由となります。

実際の不動産経営においては、小規模なアパートなどでは転貸はあまりありませんが、デベロッパーが関与し、ビルやマンションの賃貸経営の際には土地を転貸するという契約は頻繁に行われています。

転貸借権は、他人の土地を使用することを請求する債権であり、財産的価値があるので相続税の課税対象となります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今後共、何か有った場合よろしく御対応の程お願いします。

御社に依頼し、平根先生にご担当頂くことが出来本当に良かったです。 知識が豊富で説明がわかりやすく、常に迅速丁寧なご対応をして下さり感謝してもしきれません。 私の細かく厄介な問い合わせにも毎回おつきあい下さいました。 こちらの立場に立って色々ご配慮頂き […]

いつもお世話になっております。 連絡が遅くなりまして、申し訳ありません。 昨日、伺っておりました、書類・資料一式、届きました。 申告書を拝見した時は感無量でした、やっとここまで来れた、と。又、丁寧に書類をファイリングして頂き、誠にありがとうございます […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る