相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続で必要な戸籍

相続で必要な戸籍

家族の死亡により相続が行われる場合、まずは相続人の確定を行わなければなりません。

相続人全員が分割協議に参加し、同意しなければ相続の手続きは進まないからです。相続人全員を確定するには、被相続人の出生してから死亡までのすべての戸籍が必要となります。

では、この戸籍はどのように取り寄せればいいのでしょうか。

まずは、被相続人の本籍地の市町村役場から死亡事項の記載された戸籍を取り寄せます。その戸籍の戸籍事項の欄に、戸籍が作られた理由と時期が記されています。

その戸籍の作られた日付が、被相続人の出生よりも後だった場合、書かれた理由をもとにさらに戸籍をさかのぼります。

たとえば、昭和5年生まれの相続人の死亡時の戸籍に「昭和30年1月1日にどこそこの、誰々の戸籍より入籍」と書かれていたとします。すると、これは昭和30年に婚姻によって作られた戸籍だということです。そして、この被相続人は昭和5年生まれですから、記載されている一つ前の戸籍も取り寄せなければならないということになります。

このように年代が途切れないように出生時の戸籍まで遡っていき、すべての相続人を特定していきます。

戸籍の取り寄せは市町村役場に出向いて行いますが、必要な戸籍が現住所の自治体以外の取扱いだった場合は郵送してもらうこともできます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親の相続は一生のうちで多くても2回しか経験できないとよく言われますが、私にとって初めての今回の相続は、 生前の父が1人で管理していたもので私にとっては全くわからないことだらけでしたが、 準確定申告の段階からほんの些細なことでもメールでお聞きすることが […]

申告期限の迫る中での依頼でしたが、親切に対応していただきとても助かりました。 ありがとうございました。

説明や疑問点にとても丁寧に優しく対応して下さいました。 より良い方法を提案して頂いてとても助かりました。安心してお願い出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る