相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

後見監督人とは

後見監督人とは

後見監督人とは、後見人が被後見人に対する義務をきちんと果たしているかを監督する立場にある者のことです。

また、後見人と被後見人との利益が相反する場合に被後見人の代表などの役目も果たします。

後見人は被後見人の財産管理なども行います。

ですから、後見人が被後見人の財産を横領したり、後見人としての義務違反を犯したりする可能性もあるわけです。

そのようなことが起こらないように、後見監督人を指定して、後見人が適正に職務を果たしているかどうかを見守るように取り計らうことができます。

また、後見人の行為によって被後見人に対して不利益になるようなことが生じた場合、被後見人の代表として家庭裁判所に申し立てなどを行います。

後見監督人は親権者が遺言によって指定する場合と、被後見人や被後見人の親族などによる申し立てによって家庭裁判所が選任する場合がありますが、後見人の配偶者、直系血族、兄弟姉妹などは後見監督人になることはできません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回の相続税申告につきましては、大変お世話になりました。 いろいろと学ばせていただくことが多く、今後の相続においても活かせる点が多くありました。 本当にありがとうございました。

常に迅速かつ繊密なコミュニケーションがとれた点、感謝しています。 大変質の高いサービスを受けられたと満足しています。 お世話になりありがとうございました。

いつもわかりやすく、説明とアドバイスをしていただき、 安心してお任せする事が出来、亡き母もホッとしている事でしょう。 私も主人もたいへん感謝しています。ありがとうございました。  

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る