相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言の書き方

自筆証書遺言は全文が遺言者による自筆である必要があります。

自筆証書遺言を残すにあたり、その記載内容をここで紹介します。

自筆証書遺言に使う用紙に決まりはありません。

メモ用紙でも結構ですが、筆記用具には改ざんなどを疑われないように鉛筆などでの記載は避けるべきです。

まず、遺言であることが分かるようにまず遺言という文字を筆頭に書き、遺言者の氏名を記載します。

相続人や受遺者を特定するには、その氏名を記載しますが、同姓同名である可能性を避けるため妻や長男、長女という文字を付け加えることをお勧めします。

財産の記載方法は、不動産であれば登記簿謄本などを確認し正確に記載、預貯金等の場合はその銀行名、支店名、また預貯金の種類まで詳細を記載します。

注意が必要なのは言葉の表現です。

譲るや与えるという言葉は誤解を招く恐れがあり、相続させるや遺贈するという表現にします。

また、遺言執行者も記載します。

相続人から遺言執行者を選ぶこともできますが、利害関係が生じ相続が順調に執り行われない可能性があるため専門家にお願いした方が良い場合もあります。

最後に、日付けと住所、押印を押します。

遺言の保管として封筒に入れますが、封筒は封をする方が後々のトラブルを軽減できますので、お勧めします。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初めての事で、当初税務署で地元の税理士協会より税理士を紹介いただき話を聞いたがよく分からず インターネット検索で御社のホームページを拝見し予約しました。 対応して頂いた河越氏の説明が丁寧で分かり易く、すぐにお願いしました。 その後の親切で心配りのある […]

税法、申告手続に精通していない相続人サイドの気持ちを汲み取り、相続の最初の段階から申告をクローズするまでの間、大変に丁寧な対応をしていただきました。相続のシュミレーションを含め当方の質問にも迅速・的確に対応いただき、アドバイスの内容は相続人はじめ家族 […]

最終的に税務署からのお尋ねが無ければ、満足度100%となります。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る