年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺留分減殺請求のやり方

遺留分減殺請求のやり方

遺留分減殺請求のやり方

遺留分減殺請求のやり方を十分に考慮していきましょう。

相続分の指定や贈与などによって遺留分を侵害されてしまった方や、だまされてしまった他の相続人の方が遺留分減殺請求を行うことが出来、相手方に対しての苦情を受け付けることが可能になります。

このことは請求しているという証拠を残しておくことになり、遺産分割協議でうまく話がまとまらなかった方に対して有効な手続きになります。

内容証明郵便などの証拠を残しておくことで遺言の無罪を主張している時に有効

内容証明郵便などの証拠を残しておくことで遺言の無罪を主張している時に有効になります。

相続の開始や、減殺になる行為を行っているほかの相続人に意義を申し立てることによって正当な裁判を行うことが可能になります。

近年では家族間でも相続の際には争いが絶えません、そのため知識として遺留分減殺請求を蓄えて、正当な相続を行うことが出来ます。

同じ家族間でも遺産の分割は基本的には皆様は平等に行いたいと考えています。

遺留分減殺請求はこのようなときに正当な相続を行いたい方に有効です。

期限として遺留分減殺請求権は相続の開始又は、疑われるような相続贈与や遺贈を発見してから約一年とされていますので、事項して消滅する前に遺産分割協議においての話し合いをまとめておく必要があります。

この時遺留分減殺請求をしても、他の相続人に値する相手方が返還に応じないときや、遺留分相当の金額に相手方と話がまとまらない、交渉しても話が出来ないケースがあります。

家庭裁判所に調停を申し立て

家庭裁判所に調停を申し立てして第三者的な立場になる家庭裁判所の調停委員を間に入れて話し合いを行っていきますので、時間や足を運ぶ機会が増えることになります。

話し合いや、家庭裁判所で解決できない時には地方裁判所で訴訟になりますので、今以上の時間と手間がかかり、なかなか解決しない状態が続くことになります。

この際に専門的に解決できるようにアドバイスを出来る方がいれば大変スムーズに話をまとめることが可能になります。

初めての方には若干わかりづらいところもありますが遺産の相続の際にはトラブルは付き物です。

そのため慎重に物事を進めていくことになりますので、相続の際の異論や反論は遺留分減殺請求をして行くことも大切です。

出来るだけ問題にならないように話をまとめることが大切ですが遺留分減殺請求を行うことによって他の相続人への意思表示を行うことが可能になります。

家族間や、相続人の間で話をまとめるためにも必要になります。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る