相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

死亡後に行う配当の受け取り手続き

死亡後に行う配当の受け取り手続き

死亡後に行う配当の受け取り手続きとして亡くなった方(被相続人)が株を所持していた時に、その株を相続することが可能になるように相続人の方が配当金について確認作業を行うことからはじめます。

まずは証券会社との確認を行いましょう。

亡くなった方名義での配当金がもらえるかどうかを決めます。

配当金をもらうことは可能ですが、相続人の中で誰が受け取るのかを相続人の方たちでよく話し合いをしてもらいます。

この時にも後のトラブルにならないようにそれぞれの相続人に配当権があります。

遺産分割協議によって誰が配当金を受け取るのかを決めましょう。

遺産分割協議で約束していなくてもしっかりとした話し合いでお互いが理解していれば特定の相続人が受け取ることが可能になります。

相続財産に該当する配当金

配当金が相続財産に該当するかなどの問い合わせについて、このことは相続の開始した日と配当基準日、配当確定日がいつかによって決まってきます。

相続開始日が配当所得に影響することになります。

相続税ではなく準確定申告の対象に含めて考えます。

また相続開始日が配当基準日と配当確定日の間の場合には配当期待権となります。

配当金に関する株主総会があった後、配当金を受け取るまでに未収配当金になります。

相続税の対象になることがあります。

また相続の開始から配当基準日の前の場合には相続人の配当所得になります。

相続税ではなく相続人の所得税の対象として考えていきます。

株式を相続する方は証券会社への口座を開設をする必要があります

配当金は故人が株式を所有していた場合には、預貯金等と同様な相続の手続きを行っていきます。

複数の相続人がいる時には遺産分割協議によって誰がどの株式を相続するのかを決めていきます。

故人が取引していた証券会社に連絡します。

手続きに必要な書類を郵送してもらえるように請求しましょう。

ご自宅に必要な書類が届く際には自分でできるだけの必要な書類を収集を行いスムーズな手続きを行えるようにしましょう。

また株式を相続する方は証券会社への口座を開設をする必要があります。

必要書類を証券会社などへ郵送しましょう。

ここで手続きを完了することが出来ますが、記入漏れや添付した書類に不備があるとやり直しになったり、口座を開設できない方もいますので、株式の名義変更に必要な書類をしっかり用意しましょう。

遺産分割協議書、又は相続人の同意書、被相続人戸籍、すべての方の相続人の方の戸籍謄本なども必要になります。

相続手続き依頼書なども忘れずに用意して、分からないことは専門家に相談していきましょう。

 

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

すべてに精通して対応している。

担当の橋本さんが感じの良い方で、安心しておまかせできました。

仕事が丁寧。人柄が良い。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る