相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

遺産分割協議をやり直す方法

遺産分割協議をやり直す方法

遺産分割協議をやり直すことは可能です。

遺産分割協議をやり直す際には相続人すべての方が合意する必要があります。

やり直すことによって贈与税、又は他の税金を加算されることもありますので注意が必要です。

すでに行った方でも、相続登記でミスがあった方はやり直しが可能になります。

また他の相続人が後から出現したり、相続の際に故意の操作が行われているときには遺産分割協議が成立しませんので注意が必要です。

相続について無知で、申請の際に、不透明な相続がないように専門家との解決をおススメします。

相続人の方が相続できるものをしっかり把握

遺産分割の協議はやり直しを求められることもありますので時間がかかる相続もあります。

相続人の方が相続できるものをしっかり把握しておくことが求められます。

相続の対象になるものには色々と分類でき、様々です。

不動産、土地、家、有価証券、相続遺産には、預貯金の他、借金などの負債も含まれます。

遺言書の有無によって、相続人や相続分が変わってきます。

相続者の方がすべてをしっかり把握しておく必要があります。

どの遺産をどの方が相続をしていくのかをしっかり認識しておく、又は故人の残した遺産がどのくらいの査定金額になるのかを確認し、遺産を現金化することも可能ですので、相続の前に事前の調査が費用になります。

遺書に関しては非常に慎重に調査を進めていきます

遺言書の遺言書の再検認などを行う事もあります。

遺書に関しては非常に慎重に調査を進めていきますので、偽造などがないように家庭裁判所で調べて、問題があるようであれば遺産分割協議が成立しません。

不動産の名義変更手続き方法や、預貯金の名義変更の手続き方法、証券会社の名義変更の手続き方法などを確認などにも時間を要することになり、名義変更などの手続きがかかるようなときもあります。

証券会社とのやりとりも大切になり、このときにも必要になる書類が変更になります。

法定相続人を調べるときにもそれなりの時間がかかり、相続自体には各、調査がしっかり行われます。

遺産分割協議をやり直すことは可能ですが、その分、手続きに時間がかかることも事実です。

そのため早期の解決を行うためにそれなりに専門的な意識を要している専門化との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の」査定、又は相続方法によって進行する手続きが変更しますし、そろえるべき書類も異なってきますので、初めてで分からないことが多い方は、相談して早期の解決を行えます。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る