相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

被相続人の住民票の除票とは

住民票は被相続人が亡くなった後に提出される死亡届により住民登録から抹消されます。除票とはこの抹消された住民票のことです。この除票が相続手続きに必要になることがあります。

まず被相続人が債務超過に陥っていたりなどして相続人が相続放棄をする場合です。家庭裁判所への提出書類に被相続人の住民票の除票が含まれています。

また、相続登記の申請をする場合も、被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本と住民票の除票が必要です。

登記簿には被相続人の名前と住所が記載されていますが、戸籍謄本には住所の記載がないため、被相続人と登記簿上の者が同一であることを証明するために住民票の除票が必要となるのです。

なお、引っ越しなどにより住所が変わり、登記簿上の住所と死亡時の住所が一致しない場合は、戸籍の附票などを添付して住所の変遷を証明しなければなりません。

死亡した人の住民票の除票は、被相続人が最後に住んでいた地の市区町村役場で発行してもらうことになります。
住民票は原則本人や世帯の人しか取れないものですが、既に亡くなっている人の除票の場合は、相続手続きに必要なので被相続人の死亡記載のある住民票が必要だ、と伝えれば取得することが出来ます。ただしその際、亡くなった方との関係が分かる書類(戸籍等)を提出する必要がある場合もあるため、事前に取り寄せ先の役場に取得方法を確認すると良いでしょう。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る