相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

弁護士に相談できる相続手続きや遺産相続のトラブル

弁護士に相談できる相続手続き

弁護士が可能な相続手続きとしては、相続人調査、相続放棄、相続の登記、各種の名義変更、銀行や証券会社とのやりとり、謄本の収集から相続の際に必要になる公正証書の作成や、遺産分割協議や遺留分減殺請求等の調停の申立てなど相続に関わる全般的な業務を遂行することが可能です。

また、相続が始まった後だけではなく、法的に有効な遺言を遺すために弁護士に相談しながら遺言を遺す方も多くいます。

そのため弁護士が相続についての悩み相談なども受け付ける場合も多くあります。

相続人からの相談によっては遺産分割協議などについての上手な解決の仕方などを指導することも可能になります。

弁護士に相続手続きを依頼するメリット

財産調査の結果、マイナスの相続がプラスの相続を上回るような場合、相続放棄を行う必要があります。
相続の放棄は自分で行うことも可能ですが、相続放棄を申し出ることが出来る期限が短いことや、提出書類が多いこともあり、弁護士に申請を依頼した方がスムーズに進みます。

相続の手続きにおいては、相続人やその代表者が、不動産の名義変更や口座の残高照会を行ったり、遺言があるようであれば遺言書の確認や家庭裁判所への提出、その間に公正証書の作成なども行わなければなりません。弁護士は相続に関して全般的に仕事を担うことが出来るため、こういった手続きを弁護士に依頼すれば負担を大きく減らすことができるでしょう。

相続人間で争いが起きた場合には、専門的な知識を持って争いの解決に向けて対応することが出来、非常に力強いサポートを得ることが可能です。

また他の相続人からの調停の申立てがあった時にも、弁護士に依頼することで調停がスムーズに進みます。

相続専門のエキスパートとして仕事をしている弁護士もいますので、依頼する際には経験が豊富な弁護士を選択することで有意義な結果を得ることが可能です。

弁護士に相談した方が良い遺産相続のトラブル

相続放棄の手続きや公正証書の作成等も難しい手続きではありますが、きちんと調べて対応すれば自分で行うことも可能ですし、実際自分で行っている人もいます。

一方で、弁護士に依頼することが強く推奨される場合もあります。それが、遺産分割協議がどうしてもまとまらないなどの事情で裁判や調停に進んだ時です。裁判となる時には、相手も弁護士に依頼しているケースが多いでしょう。この時こちらが弁護士に依頼していないと圧倒的に不利な状況になってしまいます。

裁判や調停など不慣れな方がほとんどだと思いますから、そのような状況になったら自分が訴えを起こす側であっても起こされた側であっても、遺産相続問題に詳しい弁護士に相談・依頼することが基本になってくると考えた方が良いでしょう。

遺産分割協議がまとまらないときの、遺産分割調停とは?

また、裁判や調停まで行かない場合であっても、相続人間で争いや考えの違いがある場合には、同様のケースを多く経験している弁護士に相談してみることでスムーズに進むこともあります。
「うちは遺産の額が少ないから…」と弁護士に相談することをためらう方もいるようですが、遺産相続の問題やトラブルが発生するのはむしろ遺産総額が少ない場合の方が多いと言われています。遺産が少なくても弁護士に相談することは可能ですし、法廷の場まで進んでいなければその分費用を抑えられる場合もありますので一度相談してみると良いかもしれません。

遺産相続でかかる弁護士費用

弁護士との相続手続きの流れ

まずはじめに死亡届を提出する 、死体火葬許可申請書を提出する、これは相続発生から7日以内に行うことが求められます。

その後14日以内に世帯主変更届を提出します。

銀行貯金の凍結、各種名義変更の手続きを行っていきます。

遺言書の有無の確認を行うことも大切です。

その後に相続人調査を行い、どの相続人にどの遺産を相続するのか遺産分割協議書にて確認しましょう。

遺産分割協議書を作成することが出来るのは弁護士、行政書士、司法書士ですが、遺産分割協議の仲介を依頼できるのは弁護士だけなので、協議がうまくいかないようなときには、弁護士に依頼することでスムーズに進めることができます。

財産の名義変更を行う際には、初めての方では故人の銀行口座などの名義変更の仕方がわからない方もいます。また故人の口座や証券は第三者が取り扱うことは出来ないので銀行や証券会社などとしっかり連絡を取り合って解決をする必要があります。それらすべての相続に関わる業務に携わることができる弁護士に依頼することで、いち早く、かつ他の相続人と後にトラブルになることなく手続きを完了することが可能です。

なお、弁護士が関与する相続手続きや相続問題については、チェスターグループのCST法律事務所が運営する遺産相続の情報サイト「相続ONLINE」にも様々な情報がまとめられています。

弁護士に相談できる相続手続きや遺産相続のトラブル

相続についての弁護士業務の事例なども充実していますので、是非参考にしてみてください。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

期限の迫った申告でしたが、迅速に対応頂き、頼もしかったです。ありがとうございました。

分からないこと、心配なことを質問した時も、迅速に丁寧に教えてくださいました。 料金も後から追加になることもなく、助かりました。 司法書士事務所からの紹介でしたが、お願いして良かったです。ありがとうございました。

申告期限が短期にもかかわらず、対応いただき大変感謝しております。 又、格安での受託ありがとうございました。 申告後も親切に指導いただきました。お礼申し上げます。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る