相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

位牌とは

位牌とは

位牌とは死者の戒名や没年月日などが書かれた木の板のことです。

臨終後すぐに「内位牌」と呼ばれる白木で作られた位牌が作られます。

表に死者の戒名が書かれ、裏に生前の姓名、死亡年月日、享年が書かれます。

この「内位牌」は葬儀の際に用いられ、四十九日まで遺骨を祀る祭壇に祀ります。

この「内位牌」は四十九日の法要の際にお寺に納めます。

四十九日の法要までに「本位牌」を作り、四十九日の法要の際に住職に魂入れをしてもらいます。

戒名を入れるのに約2週間かかりますので、四十九日の法要に間に合うように仏壇店に依頼する必要があります。

四十九日の法要が終わってから、位牌を仏壇の上から二段目に端から置きます。

いくつか位牌がある場合は、中央を空けておくようにします。

本位牌の伝統的なものは塗り位牌と呼ばれる漆塗りで金箔や金粉が施されたものや、唐木位牌と呼ばれる黒檀や紫檀で作られたものがあります。

先祖の位牌がたくさんある場合には薄い札板を多数重ねて納め、繰り出しでお参りができる位牌もあります。

位牌は故人の魂が入っているので、故人そのものと考えられています。

ですから、本位牌を選ぶ際は故人の意向がある場合は故人の意向に沿って、ない場合は故人に合ったものを選びましょう。

位牌に入れる戒名ですが、機械で入れたものと手書きで入れたものがあります。

位牌の戒名入れについては宗教、宗派による決まりはありません。

すでに位牌がある場合は、他の位牌に合わせる場合が一般的です。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧にご対応いただきました。ありがとうございました。

お世話になりました。

相続だけでなく、青色申告の届出などにも気を配っていただき、助かりました。 主にメールでのやりとりでしたが、いつも素早く対応して下さり安心感がありました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る