相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

位牌とは

位牌とは

位牌とは死者の戒名や没年月日などが書かれた木の板のことです。

臨終後すぐに「内位牌」と呼ばれる白木で作られた位牌が作られます。

表に死者の戒名が書かれ、裏に生前の姓名、死亡年月日、享年が書かれます。

この「内位牌」は葬儀の際に用いられ、四十九日まで遺骨を祀る祭壇に祀ります。

この「内位牌」は四十九日の法要の際にお寺に納めます。

四十九日の法要までに「本位牌」を作り、四十九日の法要の際に住職に魂入れをしてもらいます。

戒名を入れるのに約2週間かかりますので、四十九日の法要に間に合うように仏壇店に依頼する必要があります。

四十九日の法要が終わってから、位牌を仏壇の上から二段目に端から置きます。

いくつか位牌がある場合は、中央を空けておくようにします。

本位牌の伝統的なものは塗り位牌と呼ばれる漆塗りで金箔や金粉が施されたものや、唐木位牌と呼ばれる黒檀や紫檀で作られたものがあります。

先祖の位牌がたくさんある場合には薄い札板を多数重ねて納め、繰り出しでお参りができる位牌もあります。

位牌は故人の魂が入っているので、故人そのものと考えられています。

ですから、本位牌を選ぶ際は故人の意向がある場合は故人の意向に沿って、ない場合は故人に合ったものを選びましょう。

位牌に入れる戒名ですが、機械で入れたものと手書きで入れたものがあります。

位牌の戒名入れについては宗教、宗派による決まりはありません。

すでに位牌がある場合は、他の位牌に合わせる場合が一般的です。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親切に対応して頂きました。

今回は、金融資産のみの相続税対応でしたので、税務署にやり方を問い合わせした所、 「ウェブページを見ながらやって下さい・・・」という回答でした。 しかし、自分達で間違い無くやれる自信が無く、御社を頼った次第です。 結果的に、さすがプロの仕事だ!と感服致 […]

夫の急死により夫が株や外貨など管理していた物が多かったため、私達にはどうしていいか わからない事だらけでしたが、証券会社さんの推薦もあり今回チェスターさんにお願いしました。 いろいろと揃える資料もあり大変でしたが、細かく説明、指導していただき期限内に […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る