年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

位牌とは

位牌とは

位牌とは

位牌とは死者の戒名や没年月日などが書かれた木の板のことです。

臨終後すぐに「内位牌」と呼ばれる白木で作られた位牌が作られます。

表に死者の戒名が書かれ、裏に生前の姓名、死亡年月日、享年が書かれます。

この「内位牌」は葬儀の際に用いられ、四十九日まで遺骨を祀る祭壇に祀ります。

この「内位牌」は四十九日の法要の際にお寺に納めます。

四十九日の法要までに「本位牌」を作り、四十九日の法要の際に住職に魂入れをしてもらいます。

戒名を入れるのに約2週間かかりますので、四十九日の法要に間に合うように仏壇店に依頼する必要があります。

四十九日の法要が終わってから、位牌を仏壇の上から二段目に端から置きます。

いくつか位牌がある場合は、中央を空けておくようにします。

本位牌の伝統的なものは塗り位牌と呼ばれる漆塗りで金箔や金粉が施されたものや、唐木位牌と呼ばれる黒檀や紫檀で作られたものがあります。

先祖の位牌がたくさんある場合には薄い札板を多数重ねて納め、繰り出しでお参りができる位牌もあります。

位牌は故人の魂が入っているので、故人そのものと考えられています。

ですから、本位牌を選ぶ際は故人の意向がある場合は故人の意向に沿って、ない場合は故人に合ったものを選びましょう。

位牌に入れる戒名ですが、機械で入れたものと手書きで入れたものがあります。

位牌の戒名入れについては宗教、宗派による決まりはありません。

すでに位牌がある場合は、他の位牌に合わせる場合が一般的です。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る