相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

香典返しは必要か?

香典返しは必要か?

葬儀へ参列して頂いた弔問客には、なるべく早い時期に会葬礼状を渡さなければなりません。

一般的には、葬儀の際に渡す場合がほとんどで、後日郵送する場合もありますが、そういったお礼状とは別に、香典やお供物を頂いた弔問客には、忌明けの頃に別のお礼状を添えたお返しをする必要があります。

故人が亡くなり四十九日を過ぎた頃を忌明けの頃と言い、この時期に香典返しを行いますが、香典返しの目安として、頂いた香典に応じて半額程度のものをお返しするのが一般的です。

また、本来の香典の意味合いとして、葬儀から忌明けまでの急な出費を抱える喪家に対する扶助を目的としています。

その為、一家の働き手が亡くなった場合や、両親が亡くなって子どもたちが残されてしまった場合等は、香典の意味合いからも、喪家からの香典返しは必要ないとされています。

しかし、こういった場合においても、必ずお礼状を出し、「頂いたお香典を、子どもたちの為に役立たせて頂きます」といった旨を明記する必要があります。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る