相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税と所得税の二重課税問題

相続税と所得税の二重課税問題

年金形式で受け取る生命保険金に対して、相続時に課税される相続税に加え、毎年受け取る年金形式で支払われる保険金にも所得税が課される場合、違法な二重課税にあたり、所得税課税は許されないとされています。

保険金を受け取る際、一括で受け取る方法と、保険金を分割して年金形式で受け取る方法との二種類があります。

一括で受け取る場合の保険金に関して、以前までであれば、相続税法上みなし相続財産として、その他の相続財産とを合算したものに相続税がかかるような仕組みで、課税は一度きりであり、その後の課税が要求されることはありませんでした。

しかし、分割で受け取る場合の保険金に関しては、その年の世帯収入として保険金を受け取る為に支払った保険料を差し引いた金額が合算されるため、所得税が課されていました。

更には、年金を受け取る受給権として、相続税の課税対象でありました。要するに、権利を相続するということで、相続時に相続税が課され、毎年受け取る年金においては、所得税が課されていたことになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

少し時間がかかりましたが、父の相続時のときと同様、ていねいな対応をしていただき、ありがとうございました。

申告期限迄1ヶ月しかなく大変困窮していました。 どんな質問に対しても親切に答えて下さり、細やかな心遣いをしていただきました。感謝しております。 お蔭様で期限内に申告をする事が出来ました。本当にありがとう御座居ました。

大変きめ細かくしていただきまして、本当にありがとうございます。 これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る