相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

固定資産を相続した場合

固定資産を相続した場合

相続における固定資産税の取り扱いとして、固定資産税の賦課期日はその年の1月1日となっていますが、資産所有者には納税義務が生じ、固定資産税の未納分の金額を相続税の申告書において債務として控除することが出来ます。

しかし、この場合死亡時において既に、支払ったものは債務ではなく、未納分が債務となり、納期日が到来したかどうかは関係しません。

1月1日から故人が亡くなった日までの所得税を申告する準確定申告において、亡くなった時までに納税通知書が届いていた場合には、全額を必要経費とする、納期が到来した金額を必要経費とする、納付した金額を必要経費とするといった中から、選択することが可能です。

しかし、亡くなった時までに通知書が届いていなかった場合には、必要経費にすることは出来ません。

また、相続人の確定申告において、納税通知書が届いていた場合には、被相続人の準確定申告で必要経費に入っていない金額で、不動産所得といった業務に関する部分は算入可能です。

故人なき相続後においても、税金の手続きというもが、多く存在します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初心者にもわかりやすいアドバイスと迅速な対応をしてくださり、 おかげさまで期日内に納税を終えることができました。 是非、友人知人にもすすめたいと思っております。ありがとうございました。

面談・打合せは当初だけで、以後電話と郵便物のやりとりで、 スムーズに進められ、面談・打合せの負担もなく、成果品をまとめて頂いた。 ありがとうございました。

必要書類を集めるのに苦労しましたが、こちらの希望に沿って手ぎわ良くして下さったと思います。 説明がクリアーですぐ納得することが出来ました。優秀な方だと思います。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る