年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺留分の生前放棄

遺留分の生前放棄

遺留分の生前放棄

遺言書を遺したとしても、相続人の権利は「遺留分」により保護されます。

しかし、遺留分がかえってトラブルになることもあります。

相続権は生前放棄できませんが遺留分は生前放棄が可能です。

「遺留分」という考え方が時代に合わなくなってきているのは事実です。

配偶者が保護されるのは妥当性があるとしても、両親や、すべての子が平等に遺留分という権利を持っていると、せっかくの遺言がかえってあだになることも往々にしてあります。

すべてのケースでこれらの相続人が、遺留分を保護されるに相応しいかというと、必ずしもそうではないと思います。

やむをえない諸事情で財産を一定の人に集中させる必要があるとしましょう。

他の相続人に今すぐ相続権を放棄させることができれば、問題はありませんが、民法ではそれは認められていません。

生前に相続権を放棄することはできないのです。

虐待をし、重大な侮辱を加え、またはその他著しい非行がある推定相続人には、被相続人は家庭裁判所に相続人の廃除の請求をすることができます。

しかし、余程のことがなければ裁判所では排除は認められません。

排除の請求は、そもそも円満に話し合いで解決することは想定されていません。

そこで、一定の人に財産を相続させる、または遺贈するというような遺言書を書き、それに対して遺留分を持つ相続人に、あらかじめ遺留分の放棄をしてもらう方法が考えられます。

しかし、この放棄は、家庭裁判所の許可がなければ効力を生じません。

裁判所の許可の基準については、必ずしも明確ではありませんが、放棄が放棄者の真意に出たものであること、放棄に合理的・必要的理由があること、放棄に対する代償財産の提供があること等が要素となります。

このように遺留分の放棄という方法もありますが、そもそも相続人が事前にわざわざ権利を放棄するのかという根本的な問題があります。

そういう場合にとる対策の一つとして生命保険があります。

生命保険は被保険者の死亡により、保険金受取人が保険金を受け取ることになります。

つまり、法定相続分や遺産分割協議とは関係なく保険金を指定した者に遺すことができるのです。

遺留分の放棄は行わず、保険金の受取人を一定の人に集中させ財産を相続させるという方法でも良いです。

また、遺留分を持っている相続人に、保険金請求権と引き替えに遺留分を放棄してもらうという方法もあります。

このように、遺言によってどのような遺産の分割でも自由にできるわけではないということを事前に知っておく必要があります。

しかし、対策はあります。

事前の準備が必要ですから、家族間でも十分に話し合う必要があります。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る