相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税の申告先は住所地で

相続税の申告先は住所地で

ここでは、相続税の申告についてご紹介します。被相続人が死亡してから、相続税を税務署に申告しなければならない期間は決まっていますので注意が必要です。

被相続人の死亡から、10ヶ月以内に相続税を申告して納税しなければならないというふうに定められています。では、どのように申告すれば良いのでしょうか?

基本的には、被相続人一人に付き一枚の申告書を用いて申告することになっています。

ですので、一人の被相続人から財産を相続した人が2人以上いた場合も、同じ申告書に記載して申告しなければなりません。

次に、申告先ですが、これは注意が必要です。必ず被相続人の住所地を管轄している税務署に申告するようにしなければなりません。

相続した人の住所地にある税務署に申告するのが正しいと思われがちですが、故人の住所地の税務署で正しく申告し、相続税を納税するようにしましょう。

相続税は、相続が発生したことを知った日、つまり被相続人が死亡した日から10ヶ月以内に、相続人の住所地を管轄する税務署長宛に申告書を提出し、納税してください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今回相続の手続きをするのは初めてのことでしたが、 最初の説明からわかりやすく丁寧にしていただき安心してお願いすることができました。 適時、電話やメールでアドバイスなどをいただきとても助かりました。 また機会があれば、お願いするつもりです。ありがとうご […]

資料作成から申請書作成まで、的確かつスピーディにリード頂き、スムーズに相続税申告を完了できました。 ありがとうございました。

今回の相続税申告に関して、適確に手続きを進めて頂き、ありがとうございました。 また相続税関係について、疑問点についても適確にご回答いただき、非常に参考になりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る