相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

被相続人の被相続人とは

被相続人の被相続人とは

被相続人の被相続人とは

被相続人の被相続人、つまり自分から見て被相続人が父であれば、その被相続人、例えば祖父などですが、自分の被相続人である父が死亡した際、被相続人の被相続人、つまり祖父の未分割の財産が残っていたら、どのように相続が行われ、課税はどのように算出されるのでしょうか?

被相続人の被相続人が残した財産が未分割で、処理ができていない場合、被相続人が相続するはずであった財産にかかる相続税も、自分、つまり相続人にかかってきます。

例えば、自分から見て父が死亡した際、祖父の遺産がまだ誰にも相続されずに残っていたとします。すると、その父が負担するはずであった相続税は自分が納税する義務を引き受けなくてはなりません。

例えば、祖父の遺産が1000万円分あったとして、祖父の相続人は父ともう一人であった場合、500万円分の相続財産にかかる相続税はそのまま息子である自分に課税される事になります。

相続が発生する際は、このような事を防ぐために漏れのないよう処理していきましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

期間が短い中で効率的に手続きをしていただきました。 説明もわかりやすく、信頼できました。

丁寧かつスムース。説明はクリアで、サービス範囲も合理的な選択を進めていただいた。必ずしもオフィスに伺わずとも手続きが進められたことも助かった。

いつも御丁寧に対応して頂き、安心してお任せする事ができました。 色々とお世話になり、ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る