相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

同族会社の新株引受権にかかる相続税

同族会社の新株引受権にかかる相続税

ここでは、同族会社の新株引受権と相続税の関係についてご紹介します。

相続税法の基本通達第9条にはこのような記述があります。

「同族会社が新株の発行(当該同族会社の有する自己株式の処分を含む。以下9-7までにおいて同じ。)をする場合において、当該新株に係る引受権(以下9-5までにおいて「募集株式引受権」という。)の全部又は一部が会社法(平成17年法律第86号)第206条各号((募集株式の引受け))に掲げる者(当該同族会社の株主の親族等(親族その他法施行令第31条に定める特別の関係がある者をいう。以下同じ。)に限る。)に与えられ、当該募集株式引受権に基づき新株を取得したときは、原則として、当該株主の親族等が、当該募集株式引受権を当該株主から贈与によって取得したものとして取り扱うものとする。

ただし、当該募集株式引受権が給与所得又は退職所得として所得税の課税対象となる場合を除くものとする。(昭57直資2-177、平18課資2-2改正)」

つまり、同族会社の新株引受権の譲渡を受けた場合は、基本的には贈与として見なされるので、相続税が加算される事になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

書類etcに対する指示(捺印指示、記入指示、返送指示)が的確でまよう事なく処理できました。

御社に依頼し、平根先生にご担当頂くことが出来本当に良かったです。 知識が豊富で説明がわかりやすく、常に迅速丁寧なご対応をして下さり感謝してもしきれません。 私の細かく厄介な問い合わせにも毎回おつきあい下さいました。 こちらの立場に立って色々ご配慮頂き […]

・疑問や質問に迅速に対応して頂いた。 ・親族に遺産分割協議について説明して頂きたいという要望に応えて頂けた。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る