相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お問い
合わせ

祭具の相続税評価

祭具の相続税評価

祭具の相続税評価

相続税の課税対象とならない財産は、墓所などがありますが、祭具も相続税の課税がされない財産として定められています。

この祭具の範囲は、相続税法基本通達において定められていて、相続税法基本通達の中にはこのように記述されています。

「法第12条第1項第2号に規定する「これらに準ずるもの」とは、庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位はい、仏像、仏具、古墳等で日常礼拝の用に供しているものをいうのであるが、商品、骨とう品又は投資の対象として所有するものはこれに含まれないものとする。」(出典:相続税法基本通達第12条より)

つまり、信仰の対象として使用されているものを継承する際は、相続税の課税対象にはなりませんが、商品としての上記の祭具などは継承の際に、相続税が課税される対象となってしまうということです。

例えば、仏像などで純金でできた製品が稀にありますが、これらは投資目的の祭具とみなされ、相続税の課税対象となる可能性が高いということです。

関連性が高い記事

自動車の相続税評価方法

自動車は相続税の課税の対象になります。自動車の評価方法は、財産評価基本通達上、特に決まっておりませんので一般動産として評価した金額により相続財産として申告することになります。 一般動産の評価方法 一般動産は原則として売買実例価額、精通者意見価格等を参 […]

家庭用財産の相続税評価

家庭用財産とは 相続税の課税対象となる財産には、不動産や現金のみならず、家庭用財産といった相続開始の時点で金銭的価値のあるものは全て財産として申告しなければなりません。 それでは家庭用財産とは具体的にどのようなものが含まれるのでしょうか。 家庭用財産 […]

書画・骨董品・美術品の相続税評価の実務

書画骨董品の評価 書画骨とう品は、鑑定の結果様々な価額が付けられます。 このようにして評価することで、相続財産としての価値を算出することができるのです。 書画骨とう品によっては、家庭用財産として扱われることもあります。 書画骨とう品の評価方法は二種類 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る