相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

訴え取り下げと相続税の申告

訴え取り下げと相続税の申告

被相続人の死亡後、財産相続についての遺言などもなく、相続財産の分割の話し合いをしても上手く分割方法が決定しない場合、裁判所に裁判を請求して財産の分割割合などを決定してもらうことになります。

このような手順を踏むことによって、財産の分割方法が決定して相続税の申告をするまでの時間が長くなり、被相続人が死亡した次の日から10カ月という相続税申告の期限に間に合わなくなってしまう恐れがあります。

こういった場合は、申請することによって期限を延長してもらうことができます。

この期限を過ぎて申告をすることも可能なのですが、期限を過ぎると相続税の配偶者控除を受けることができなくなってしまうので、裁判などに入った場合は必ず期限延長の手続きを忘れないようにしましょう。

そして、その期限が最終的にいつになるかということもケースによって定められています。

もしも裁判や調停の最中に個人的な話し合いにおいて分割方法が決まったりした場合に、訴え取り下げをした場合、その日が期限とされますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当の川越さんがてきぱきやってくれた。又の機会にお願いしたい。

いつもていねいに対応していただき、ありがとうございました。

親の財産相続、分割協議、新居への入居、家の処分などが一貫してスムーズに行われ、たいへん良かった。確定申告についても的確に行われることを期待している。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る