相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

判決があったことと相続税の申告

判決があったことと相続税の申告

相続税の申告についてもう少しお話します。被相続人の死亡によって相続が発生し、相続税が確定した場合は税務署に相続税の申告書を提出しなければなりません。

その申告書を提出し終わった後、申告した税額に誤りがある場合には、再び税務署に更正を申請しなければなりません。

例えば、申告の基礎となる事実に関する訴えについての判決があったことや、申告に含めていた相続財産が他の人に帰属することになった、法定相続分によって分割していた遺産を改めて分割した、認知などによって相続人に異動が生じた、遺留分の減殺請求による返還・弁償が行われた、遺言書が発見されたなどの理由によって、相続税を計算し直してみると、当初に申告していた金額より少なくなったと言う場合、税務署に更正を請求することが可能となっています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

説明も丁寧で理解しやすく、助かりました。 お世話になりありがとうございました。

お忙しい時期に関わらず引き受けて下さってありがとうございました。

2016年に父が他界し2017年に母が他界、2年続けてお世話になりました。 母の相続の時は遺産分割協議書の作成が必要でしたが、期限に間に合うように作成、提出ができ助かりました。 質問に対しても、すぐに回答を頂き、安心して任せることができました。ありが […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る