相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

資力喪失した場合の私財提供と相続税

資力喪失した場合の私財提供と相続税

相続税法において、会社が資力を喪失した場合における私財提供についての記述があります。

会社が資力を喪失し、その役員や社員などが私財を提供して債権を弁済した場合、相続税関係のしくみはどのように定められているのか、ここで見ていきましょう。

まず、会社が資力喪失した場合とはどのように定義されているのでしょうか?

それは相続税基本通達の中に記述があります。

相続税基本通達第9条には、「なお、会社が資力を喪失した場合とは、法令に基づく会社更生、再生計画認可の決定、会社の整理等の法定手続による整理のほか、株主総会の決議、債権者集会の協議等により再建整備のために負債整理に入ったような場合をいうのであって、単に一時的に債務超過となっている場合は、これに該当しないのであるから留意する。(昭57直資2−177改正)」という記述があります。

このような場合、会社役員などがその私財を提供し、債務弁済にあてることになれば、その負債を超過する分が贈与によって譲渡されたと考えられ、相続税が課税される可能性があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

コミュニケーションがたいへん良く、安心してお任せできました。

何にもわからない事ばかりで不安だったのですが何事にも親切に応えていただいて、おまかせする事が出来ました。 今後のことにもまだ未定ですが、お話頂いてますので不安な部分が減りました。ありがとうございます。

丁寧に整理してすべての書類を一冊にとじて下さり、ありがとうございました。 次の代を引き継ぐ子供達の為に、貴重な記録として大切に保管させて頂きます。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る