相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

物納申請の却下

物納申請の却下

金銭を用いて相続税を一括で納付することが困難で有る場合、一定の条件を満たせば延納という方法によって分割で納税することができると言うことはすでにご紹介しましたが、延納でも納付が困難である場合の措置も設けられています。

それが物納です。物納とは、金銭以外の財産を用いて相続税を納付する方法を言います。

物納に使用する財産は、一定の条件を満たしていなければならず、次のような場合には物納申請が却下されることがあります。

・物納申請の内容が法律で定められた基準を満たしていない場合・申請した財産が適切でないと判断された場合・物納手続き関係書類が期限までに提出できなかった場合・補正措置事項を期限までに完了できない場合など

こうして物納申請が却下された場合、1度だけ再申請を行うことができます。もしくは納税方法を延納に変更して申請することも可能です。

しかし、物納申請を自分から取り下げてしまうと延納の申請はできませんので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いろいろお世話になり、ありがとうございました。

大変御世話になりありがとうございました。 ■■先生からご紹介頂いたこともあり、安心してお願いすることが出来ました。 些細な事にも対応して頂き、助かりました。

申告期限まで3ヶ月と2日と差し迫った状況の中で、期限内に手続きを終わらせて頂き感謝しております。 足を運ぶ回数を必要最小限として頂き、一方で電話・メール・郵送で密に連絡を取り合い、不安を感じる事なく、ていねいで分かりやすい対応をして頂きました。さすが […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る