相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

延納の条件変更

延納の条件変更

相続税の支払いにおいては、金銭によって一括で支払うことが原則ですが、納税義務者の経済状況によっては一括で納付することや、もしくは金銭で納付することが困難で有る場合があります。

そう言った場合には、延納や物納と言った手段を用いることが可能です。金銭による一括納付が困難である場合は、税務署に申請を行って、分割で納付すること、もしくは物品など金銭以外の財産によって納付することを許可してもらう必要があります。

税務署からの許可が正式に下りれば延納、つまり分割で支払うことができるわけですが、この許可が下りて延納を開始した後、納税義務者の資力などが変化することも考えられます。

納税義務者の資力の変化などによって当初の条件で延納していくことが困難で有る場合には、延納条件の変更を申請して、適切な条件に変更してもらう必要があります。

ただし、変更できる延納条件は、まだ分納期限が来ていない未払い分に限りますので注意しましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

質問に対する回答、メールに対する返信、業務の説明、話し方、他全てが非常にていねいでわかりやすかったです。 森田さんにお願いして良かった。

親切に教えていただき有り難う御座いました。

熱心に対応して頂いたと思います。 嫌な顔をせず、何年も一生懸命にやってくれました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る