相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

税金 計算とは

税金 計算とは

相続税を計算しようとした場合、その税金の計算方法はどのようになるのでしょうか。

これは、国税庁のウェブサイト上で紹介されておりますので、ご紹介しましょう。

イ 各人の課税価格を合計して、課税価格の合計額を計算します。
 各相続人の課税価格の合計=課税価格の合計額

ロ 課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を計算します。
 課税価格の合計額−基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税遺産総額

(注)
1 法定相続人の数は、相続の放棄をした人がいても、その放棄がなかったものとした場合の相続人の数をいいます。
2 法定相続人のなかに養子がいる場合の法定相続人の数は、次のとおりとなります。
(1) 被相続人に実子がいる場合は、養子のうち1人を法定相続人に含めます。
(2) 被相続人に実子がいない場合は、養子のうち2人を法定相続人に含めます。

ハ 上記ロで計算した課税遺産総額を、各法定相続人が民法に定める法定相続分に従って取得したものとして、各法定相続人の取得金額を計算します。
課税遺産総額×各法定相続人の法定相続分=法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額(千円未満切り捨て)

ニ 上記ハで計算した各法定相続人ごとの取得金額に税率を乗じて相続税の総額の基となる税額を算出します。
 法定相続分に応ずる各法定相続人の取得金額 × 税率 = 算出税額

ホ 上記ニで計算した各法定相続人ごとの算出税額を合計して相続税の総額を計算します。
(出典;国税庁ホームページNo.4152 相続税の計算より)

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

配偶者が外国籍、外国居住となかなか面倒な相続手続きでしたが期日内に手続き頂き助かりました。

とても知識があり、話しやすく完ぺきな税理士さんで安心しておまかせできました。 メールを使っていろいろな書類のやりとりができて助かりました。 わが家の複雑な相続をキレイにまとめてくださって、相続税も思っていたより安くしていただけて本当に感謝しています。 […]

メールや電話の対応にも迅速に対応してもらえて大変ありがたかったです。私共の相続は5月半ばから3ヶ月というほんとうにきびしい時間の中でした。遠距離にもかかわらず的確に適正に処理していただけました。又しろうとの私にもわかりやすくかみくだいた言葉で説明して […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る