相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税申告における障害者控除とは

日本の税法においては、障害者控除という措置が設けられていることは多くの人がご存知なのではないでしょうか。
納税している人物本人や、その配偶者や家族に障害者がいる場合、一定の所得を控除される場合があります。

一般障害者と特別障害者

また、その中でも障害の程度によって一般障害者と特別障害者という区分に分けられています。
日本の税制において、一般障害者と特別障害者と区分されている人については、所得税や住民税、相続税など一部の税が一部控除されることになっています。

所得税や住民税における障害者控除

所得税や住民税について、一部控除される対象になっている一般障害者は、以下の条件を満たしている者とされています。
・精神保健福祉センター、児童相談所などの公的機関や、精神保健指定医によって知的な障害があると判定された人。
・法律によって、身体障害者手帳や精神障害者保健福祉手帳、あるいは戦傷病者手帳が交付されている人。
・満65才以上で、身体あるいは、精神に障害のある人が福祉事務所や市町村長から、障害者であると認定されている人。

相続税申告における障害者控除

相続人が相続発生時点において、85才未満の障害者の場合は、相続税の金額から一定の税額を控除することが可能です。
なお、被相続人が障害者であった場合については、特に控除規程はありません。

≪平成26年12月31日までの相続≫
一般障害者:(その障害者が85才になるまでの年数)×6万円
特別障害者:(その障害者が85才になるまでの年数)×12万円

≪平成27年1月1日以降の相続≫
一般障害者:(その障害者が85才になるまでの年数)×10万円
特別障害者:(その障害者が85才になるまでの年数)×20万円

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

主人が亡くなり心細かったですが親切に対応して下さり心が安定してとても助かりました。 心より感謝申しあげます。

お仕事ぶりを拝見し、とても素人には無理で依頼してよかったと思っております。 費用も明瞭でした。減価償却費についても教えていただき、ありがとうございました。

対処が早い、相談しやすい、安心してお任せができると感じました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る