相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続税の期限後申告

相続税の期限後申告

財産相続をした場合、相続税が加算され、相続税の申告を行って納税しなければなりませんが、相続税の申告には申告期限が設けられています。

相続税法においては、相続税の申告期限は、相続が発生した日から10カ月と定められています。この期限を超えて申告することを、期限後申告と言い、その理由などによってはペナルティが課せられることもあります。

ここでは、相続税の期限後申告についてお話します。
相続税の申告期限内に相続財産の分割が完了しなかったり、特別な事情(分割のための裁判の判決が申告期限内に出ていない等)があった場合には、その旨を税務署に申告すれば、期限後申告を行うことができます。

期限後申告の場合、延滞税などが加算され、本来より多い額の相続税を納めなくてはならなくなってしまいます。

また、期限後申告を行った場合でも、そのことが認められているのであれば、各種控除もそれまでと同様に受けることができます。故意に申告期限を過ぎても申告書を提出しなかった場合には、控除が受けられなくなってしまいますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最後まで丁寧に対応していただき、また、最初の面談以降はメールでのやり取りでしたので、 仕事をしながらでも不安なく非常に助かりました。ありがとうございました。

税金のことだけでなく、相続の状況も考慮して話を聞いてもらえたことは、よかったです。

使途不明金がかなりあったにもかかわらず無事に手続きを完了してもらって感謝しております。 御社以外の税理士に依頼していたらと思うとぞっとします。 今後も相続以外でも相談に乗って頂きたく思っております。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る