相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税の期限後申告

相続税の期限後申告

財産相続をした場合、相続税が加算され、相続税の申告を行って納税しなければなりませんが、相続税の申告には申告期限が設けられています。

相続税法においては、相続税の申告期限は、相続が発生した日から10カ月と定められています。この期限を超えて申告することを、期限後申告と言い、その理由などによってはペナルティが課せられることもあります。

ここでは、相続税の期限後申告についてお話します。
相続税の申告期限内に相続財産の分割が完了しなかったり、特別な事情(分割のための裁判の判決が申告期限内に出ていない等)があった場合には、その旨を税務署に申告すれば、期限後申告を行うことができます。

期限後申告の場合、延滞税などが加算され、本来より多い額の相続税を納めなくてはならなくなってしまいます。

また、期限後申告を行った場合でも、そのことが認められているのであれば、各種控除もそれまでと同様に受けることができます。故意に申告期限を過ぎても申告書を提出しなかった場合には、控除が受けられなくなってしまいますので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に対応頂き感謝しております。 ただ思っていたより時間がかかり、お忙しい中ありがとうございました。

申告期限3ヶ月前からお願いをしましたが、特に被相続人の過去5年間の預貯金等のお金の流れ等の精査について、手間がかかる書類作成や確認作業、税務の処理方法等、適切にご支援いただき助かりました。申告期限に間に合って感謝しております。 貴社ご担当の山本様も誠 […]

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る