相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

定期金に関する権利とは

定期金とは、税法においては民間の個人年金保険などのことを指し、定期金に関する権利とは、その保険金や年金などを受け取る権利を言います。

被相続人に掛けられていた損害保険や年金などを、相続人が相続財産として受け取る場合についても、相続税法では細かく規定されています。

有期の定期金というと、年金など、一定の期限まで定期的に給付されるもののことで、終身の定期金というと生命保険など、一定の条件を満たすと給付されるもののことを指します。

これらの定期金については、法改正前には相続税が控除される対象となっていたのですが、法改正後、これらの定期金に対する課税が強化されたこともあり、定期金に関する権利の相続税評価は相続税申告を行う上で一つのポイントとなっています。

定期金に関する権利を相続した場合、次のいずれかの額が評価額として使用されます。

  • ・解約返戻金相当額
  • ・一時金を受け取った場合のその相当額
  • ・予定金利などを元にして算出された金額

年金の受給が開始される前に相続が発生した場合には、優先的に解約返戻金相当額が相続税評価額として用いられることになりますが、定期金の種類によって取り扱い及び評価の基準も変わってきますので、しっかりと確認の上相続税申告を行うようにしましょう。

インターネットなどで定期金に関する権利の相続税評価についてはたくさん記述されているホームページがありますので、それらを参考にしたり、税理士などの専門家に相談しながら申告を行うと良いでしょう。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

資料請求

ページトップへ戻る