相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

定期金に関する権利とは

定期金に関する権利とは

定期金に関する権利とは、つまり保険金や年金などを受け取る権利ということです。

被相続人に掛けられていた損害保険や年金などを、相続人が相続財産として受け取る場合についても、相続税法については細かく規定されています。

有期の定期金というと、年金など、一定の期限まで定期的に給付されるもののことで、終身の定期金というと生命保険など、一定の条件を満たすと給付される物の事を指します。

これらはそれぞれ取り扱い及び評価の基準も変わってきますので、しっかりと確認の上相続税申告を行うようにしましょう。

これらの定期金については、法改正前には相続税が控除される対象となっていたのですが、法改正後、これらの定期金に対する課税が強化されたこともあり、定期金に関する権利の相続税評価は相続税申告を行う上で一つのポイントとなっています。

インターネットなどで定期金に関する権利の相続税評価についてはたくさん記述されているホームページがありますので、それらを参考にしたり、税理士などの専門家に相談しながら申告を行うと良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

不明な点について問い合わせた際、主担当の方がご不在でも、別の方が回答して下さり、二度手間にならず助かりました。 適宜途中経過を報告下さったので、不安になることなく過ごせました。

いつもごていねいにお答を頂きました。 説明を受けていても忘れてしまうことが多く、その都度、同じ質問をしたり、ご迷惑をおかけ致しました。 昔のことはもちろん最近のこともよく忘れます。ややこしい案件におつきあい頂き本当にありがとうございました。 &nbs […]

・申告までに思っていたよりも意外と時間がかかった。 ・相続税で心配していたことが少し解消した。 ・このあと、何かあった時に心強いと思った。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る