相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

定期金に関する権利とは

定期金に関する権利とは

定期金に関する権利とは、つまり保険金や年金などを受け取る権利ということです。

被相続人に掛けられていた損害保険や年金などを、相続人が相続財産として受け取る場合についても、相続税法については細かく規定されています。

有期の定期金というと、年金など、一定の期限まで定期的に給付されるもののことで、終身の定期金というと生命保険など、一定の条件を満たすと給付される物の事を指します。

これらはそれぞれ取り扱い及び評価の基準も変わってきますので、しっかりと確認の上相続税申告を行うようにしましょう。

これらの定期金については、法改正前には相続税が控除される対象となっていたのですが、法改正後、これらの定期金に対する課税が強化されたこともあり、定期金に関する権利の相続税評価は相続税申告を行う上で一つのポイントとなっています。

インターネットなどで定期金に関する権利の相続税評価についてはたくさん記述されているホームページがありますので、それらを参考にしたり、税理士などの専門家に相談しながら申告を行うと良いでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

わかり易く親切に対応していただきました。

相続だけでなく、青色申告の届出などにも気を配っていただき、助かりました。 主にメールでのやりとりでしたが、いつも素早く対応して下さり安心感がありました。

不動産の評価について、とても良くわかる説明があり、大変よかったです。 こちらで用意すべき書類等、指示も的確で、不安を感じることが無かったです。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る