年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

終身定期金の相続税評価について

終身定期金の相続税評価について

終身定期金の相続税評価について

終身定期金というのは、その対象とされている人物が死亡するまでの間、定期的に決まった額の金銭や物品などを対象者に給付し続けることを契約したものです。

この終身定期金の相続税評価については、相続税法基本通達上に記載があるのでご紹介します。

3 終身定期金 次に掲げる金額のうちいずれか多い金額
(1) 定期金給付契約に関する権利を取得した時においてその契約を解約するとしたならば支払われるべき解約返戻金の金額
(2) 定期金に代えて一時金の給付を受けることができる場合には、定期金給付契約に関する権利を取得した時において一時金の給付を受けるとしたならば給付されるべき一時金の金額
(3) 定期金給付契約に関する権利を取得した時におけるその目的とされた者に係る余命年数に応じ、その契約に基づき給付を受けるべき金額の一年当たりの平均額に、その契約に係る予定利率による複利年金現価率を乗じて得た金額
ところで、年金の方法により支払われる又は支給される保険金又は退職手当金等の額は、定期金給付契約に関する権利として評価した金額すなわち基本権の価額により課税されるものである。

一時金で支払又は支給を受ける保険金又は退職手当金等の額を分割の方法により利息を付してその支払又は支給の方法が定期的に行われるものについては、相続税法第24条の規定の適用はなく、その定期的に支払われる金額の総額(一時金の額。利息相当額を含まない。)に対して課税することなる。

相基通24−2のなお書はそのことを留意的に明らかにした。
(出典:相続税法基本通達)改正された制度上では、このように評価されることになっています。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

既経過利息の相続税評価について実務的な取り扱い

相続財産の中に定期性の預金があった場合には、残高証明書に記載されている額面金額に加えて既経過利息も評価に含める必要があります。既経過利息とは、“仮に”相続開始日時点でその預金口座を解約した場合に支払われることになる利息のことを言います。では、詳しく見 […]

現金・預金の相続税評価方法

相続開始日現在の残高が相続税評価額となります。 ※なお、相続人が被相続人の亡くなる前3年内に贈与を受けていたものについては、相続税の課税対象になりますので注意が必要です。 普通預金の相続税評価 原則として、相続開始日現在の預金残高が相続税評価額となり […]

定期金に関する権利とは

定期金に関する権利とは 定期金に関する権利とは、つまり保険金や年金などを受け取る権利ということです。 被相続人に掛けられていた損害保険や年金などを、相続人が相続財産として受け取る場合についても、相続税法については細かく規定されています。 有期の定期金 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る