相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

自社株の相続税評価を簡単に解説、またその評価を下げる方法とは

事業継承することになって、自社株を相続する際、気になるのはその相続税額がどの程度かかってくるのかということです。
本来の株式の額面よりも高く相続税評価をされてしまい、税額が想像もしていなかった額に膨れ上がってしまう、というケースも稀に見受けられます。
どうしてこのような事態が起こっているのかというと、自社株の相続税評価は、単純にその額面によって行われるものではないからです。

1.自社株(非上場株式)の3つの評価方法

相続税法において、これらの株式の評価方法として3通りのやり方が定められています。
一つは純資産方式、二つ目は類似業種比準方式、そしてその2通りのやり方の併用方式という3通りです。
以上の方法で評価をされる場合、その株式を発行している会社の資産(従業員数なども含む)が多ければ多いほど、相続税評価額が高くなるというわけです。

2.どういう会社が高い相続税評価となるか

・会社の資産がおおければ多いほど
・会社の利益が大きければ大きいほど
・会社が出している配当が多ければ多いほど
・同業の業種の会社と比較して成績が良ければ良いほど

簡単にまとめると、上記のような項目があげられます。つまり、逆に会社の相続税評価を下げようと思えば、この逆を行えばよいということになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いつも親切にていねいに対応してくださり、ありがとうございました。 スムーズに申告を終えることができました。 費用についても初回に提示があり、安心でした。

導筋を立ててスケジュールに沿って行動することができたのは、事前説明をしっかりしていただいたこと、 スピード感のある対応、丁寧な対応があったからだと感じています。

面接、電話等、とても丁寧にご対応くださいました。 どうもありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る