相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言執行人とは

遺言執行人とは

被相続人が遺言書を残して死亡した後、その財産の分割や管理などにおいて、本当にその遺言書どおりにしてもらえるか、ということはとても心配ですね。

そこで、遺言執行人という人物がいます。

遺言執行人とは、被相続人の亡きあと、その代わりに遺言書の内容を実現するために行動する人の事を言います。

被相続人はあらかじめ、遺言によって遺言執行人を指定しておく必要があります。

そして、その遺言が効力を持った際、指定された人物は自分が遺言執行人となることを承諾、もしくは拒否することができます。

指定された人がそれを承諾することによって初めて、その人が遺言執行人となります。

では、指定された人が遺言執行人となることを拒否する、または遺言執行人が指定されていない場合ですが、家庭裁判所が遺言執行人を指定することになります。

行為無能力者、または破産した者については、遺言執行人になることができませんので注意しましょう。

また、遺言執行人が不適切である場合、任務を怠った場合などには家庭裁判所がその遺言執行人を解任することがあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

有難うございました。

相続については分からない事ばかりでしたが、分かりやすく親切に教えて頂き、 処理も迅速に行って頂き、ありがとうございます。

相続は初めてだったので、分からずこまっていたので、助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る