相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺留分放棄について

遺留分放棄について

こちらでは、遺留分放棄についてのお話をします。

まず、遺留分というのは、被相続人の兄弟姉妹を除いた相続人のために、最低限残しておかなければならない財産の事を言います。

被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には、遺留分権と言って、この遺留分を取得する権利が保障されています。

遺留分放棄の際には、それが相続開始前であるか相続開始後であるかによって手続きの方法が異なります。

まず、相続開始前に遺留分を放棄する際には、家庭裁判所の許可が必要となりますので、手続きを踏まなければ放棄することができません。

「遺留分放棄許可審判」の請求を行い、家庭裁判所から正式に遺留分放棄の許可が下りて初めて遺留分を放棄したことになります。

遺留分放棄許可審判では、面接によって、遺留分を放棄する理由などを具体的に説明する必要があります。

また、相続開始後における遺留分放棄には特に手続きなどは必要となりません。

その他の相続人に遺留分放棄の旨を伝え、トラブルを避ける意味で書面に残しておくと良いかも知れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続手続きは、非常に難しく厄介なことだと先入観を抱いていました。 初めは、どう対処して良いのか不安ばかりでしたが、 担当税理士の方の懇切丁寧な話を聞いて十分に内容を理解しながら相続申告まで進める事が出来ました。 税理士法人チェスターに依頼し大変良かっ […]

説明もとても分かりやすかったですし、度々電話もいただきました。 またそれまで提出した資料を全てまとめた相続税申告書には驚きました。

安心して依頼できました。 当初から料金も明確に設定されており大変に安心でした。 更にその実費も当方で考えていたものとくらべ申し訳ないほど廉価でした。 チェスターさんにお願いして正解でした。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る