相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺留分放棄について

遺留分放棄について

こちらでは、遺留分放棄についてのお話をします。

まず、遺留分というのは、被相続人の兄弟姉妹を除いた相続人のために、最低限残しておかなければならない財産の事を言います。

被相続人の兄弟姉妹以外の相続人には、遺留分権と言って、この遺留分を取得する権利が保障されています。

遺留分放棄の際には、それが相続開始前であるか相続開始後であるかによって手続きの方法が異なります。

まず、相続開始前に遺留分を放棄する際には、家庭裁判所の許可が必要となりますので、手続きを踏まなければ放棄することができません。

「遺留分放棄許可審判」の請求を行い、家庭裁判所から正式に遺留分放棄の許可が下りて初めて遺留分を放棄したことになります。

遺留分放棄許可審判では、面接によって、遺留分を放棄する理由などを具体的に説明する必要があります。

また、相続開始後における遺留分放棄には特に手続きなどは必要となりません。

その他の相続人に遺留分放棄の旨を伝え、トラブルを避ける意味で書面に残しておくと良いかも知れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

こちらが不明な点や質問に関してていねいに対応いただいていると感じました。 最終的にいただいた資料も満足のいくものでした。

必要充分な簡易プランで丁寧に対応いただき満足しています。

解りやすい説明で対応をありがとうございます。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る